2014年3月2日日曜日

BrickPi お試し その4 (モータドライバの交換)

 BrickPi が、(多分初期不良)モータPORT_AとBがまともに動かない件で、別の品物を秋月に通販で頼む機会があったので、ついでに、SN754410 も取り寄せました。

 早速、ダメICを切除。でも、Mindstorms のモジュラコネクタが邪魔で、結構、ちょん切るのが難しい。


 なんとか、足を切って、取り外し、このあとは基板に残ったICの足をハンダごてで温めながら、抜いていきました。吸い取り器と吸い取り線を使って、ランドの穴が空くようにきちんとハンダを吸い取るのは結構難しい。特にGNDは熱容量が大きいのでしんどかった。


 どうにか取り外せたので、ICソケットを付けておくことに。これで、また?ドライバICが死んでも大丈夫?今回、秋月から予備も買ってあります...


 モータドライバIC(SN754410)を取り付けて、前回、変な動きをしたソフトを動かしたところ、無事、正常(期待通り)動作。



 やっぱり、原因はモータドライバICでした。う~ん、何をしたら壊れた(壊した)んだろう?元からだったような気がするな...。ま、ドライバICの予備も用意したし、いいか...。(いいのか?)