2014年8月16日土曜日

LEGO TECHNIC 42030 VOLVO L350F Wheel Loader

 今年の夏休みは前半は体調不良で今ひとつペースが上がりませんでしたが、中盤~後半、体調も戻ってきたので、本業の趣味にピッチを上げて取組中です。
 さて、今回は、LEGO TECHNIC の今年の新製品の中で最も大物の「LEGO TECHNIC 42030 VOLVO L350F Wheel Loader」です。発売前にAmazon で予約してあり、発売日に入手していましたが、大物だけあって、覚悟を決めて作る時間がなかなか取れませんでした。


 パッケージはこんなかんじ。





 では、開梱。


 いつものように巨大な箱は意外とスカスカです。ウニモグとかクレーンの時のが部品数はすごかったような?


 でも、マニュアルが凄い。いや、いつも、3分冊とかのものが1冊にまとまっているからかな。縦にして、人を殴れそうなくらいの厚みがあります。


 組立途中の写真はこちらにあります。










 組立ててみた感想としては、今までのテクニックの大物に比べるとテクニックっぽくないというか、組立て・仕組み的には簡単に思えました。いつもテクニックの大物はこれでもかというくらいギアを使って、(車輪自体は動かないことが多くて)一つのモータでメカニカルなスイッチ(レバー)を切り替えることで、色んな所を動かして・・・っていう感じですが、このモデルはそういったものとはちょっと違う「ラジコン」イメージのモデルのようです。走らせるためのモータ、かじを切るサーボモータ、シャベルを動かすモータと機能毎にモータを分けています。ラジコンと考えれば、同じ系列では4WD クローラ もそんな感じだったかな。

 完成したところ。






 動かしてみました。片手でリモコン、片手で携帯だから、うまく撮れないけど。