2013年2月23日土曜日

ランニングエレクトロニクス SBDBT

 今日のガラクタは、ランニングエレクトロニクスさんのSBDBT です。一見USBのAコネクタをブレッドボードに差すためのアダプタみたいですが、裏面(コネクタの反対側)にPIC24FJ64を搭載した小型のマイコン基板です。PICにプログラムすれば、USBデバイスが利用できるようになっていますが、買った状態ではじめからBluetooth SPPのファームを書き込んだ状態にしてくれてあって、USBのBluetoothアダプタを挿すだけで、Bluetooth - UART 変換アダプタになってしまうすぐれものです。


 USBのBluetoothアダプタを挿してPCとペアリングして、マイコンのUARTに接続するだけで、マイコンがBluetooth接続で無線化できます。


 今回は、MyARM基板で試してみました。これは便利!お気に入りアイテムになるかも。

 実は、ビュートローバーARMに載せようと思ったんだけど、そっちはうまく動かなくて、あれ?っとおもって、回路図を見たら、エンコーダをつなぐための拡張ボードがUART端子を追加のモータドライブ回路のPWMポートとして使っていて、拡張ボードが原因か?ってなったんですが、ボードをとり外して試してもダメでした。壊したかな?ビュートローバー用のUARTのライブラリを使ったんだけど、ソフトの問題か?ライブラリを使わずに自分でUART入出力書いて試すか・・・しかたない。