2013年11月24日日曜日

LEGO 7939 CITY Cargo Train 新カーゴ・トレイン

 今日のLEGOは 7939 CITY Cargo Train (新カーゴ・トレイン) です。


 7938 特急列車 に続く、トレインシリーズの2つ目になります。

 では、まず、開封の儀。




 写真ではわかりにくいですが、レールパーツが豊富に入っています。1枚目の箱の表の下の部分にもありますが、なんと、分岐点(ポイント)のパーツが入っています。

 では、マニュアルに従って、順に組み立てていきます。まずは、機関車から。




 トレインモータです。







 前方に赤外線リモコン受信機、後方にバッテリボックスが入ります。このモデルでは特急列車と違って、バッテリボックスのポッチにも部品が実装されるので、バッテリ交換の際に若干バラシが必要になると思われます。(特急列車は屋根がスポッと開いてバッテリボックスが入れてあるだけなので、交換が簡単です。)



 機関車のできあがり。


 コーヒー?か何かを飲みながら運転してますが、そんなんでいいの?




 次はタンク車?って言うんでしょうか?液体を運ぶためのタンクを搭載した貨物車両部の組立てです。







 次がコンテナ車両。







 それから、自動車を運ぶ車両。







 これらの貨物列車車用の他にも、作業用のクレーンブリッジとコンテナを運ぶトラックも入っていて、なかなかお得感のあるセットです。

 貨物列車を走らせてみました。


 もっとスピードも出るんですが、荷物を色々積んでしかも4両編成なので、あまりスピードを上げるとカーブで脱線したり、連結が外れます。
 動画をみてもらうとわかると思うのですが、分岐点がスプリングポイントになっており、双方向からの侵入が可能です。
 そこで、単線のすれ違い駅などにある分岐を作って、特急列車と同時に走らせてみました。下の動画では、ほぼ、同じスピードで2つの車両が走っているので、たまたま、ぶつからないだけで、しばらくほっておくと、ずれてきて正面衝突します。これを、マイコンか何かで制御できたら面白いんだけど。