2013年4月29日月曜日

OMRON MEMS非接触温度センサD6T

 さて、GW前半最終日の今日のがらくたは、スイッチサイエンスさんで入手してあった、OMRON製のMEMS非接触温度センサ D6Tです。非接触で温度を測定できるセンサですが、簡単に言ってしまえば、超低解像度のサーモグラフィーです。スイッチサイエンスさんのサイトにProcesisngと合わせた使い方がサンプル付きで載っていたので、そのサンプルを流用させてもらいつつ、Arduinoのプログラム部分に先日のDRV8830 I2Cモータドライバでモータを動かす処理をくっつけてみることにしました。


 前回の台車の先っちょに非接触温度センサを取り付けます。


 この15mm×25mm角くらいのレンズの付いたのが、MEMS非接触温度センサD6Tです。


 いくら試作・実験とはいっても、我ながらいい加減過ぎです。セロテープで貼っただけです・・・。
 で、このD6Tは4×4の分解能で温度を取得できるので、4×4の温度の高い方向(今回は左右のみ)を算出して、台車の方向転換を行います。


 「靴のムカデ屋の主人のカップ」のようにぃぃっ、追いかけてくるぞっ、こいつっっぅ。てな、わけで、
 とりあえず、熱源の方向を追跡できてるみたい。今後、熱源を追尾して走らせるようなことができるといいんだけど。